高校野球の第66回春季東北地区県大会地区予選は2日、6地区で17試合が行われ、沿岸北地区は宮古が代表決定戦で五回コールド勝ちし、県大会出場を決めた。

 宮古は岩泉に10-0で勝利して3年連続の県大会切符。岩泉は敗者復活2回戦で勝った宮古商と第2代表を争う。一関地区は一関一と一関工が代表決定戦に駒を進めた。花巻地区は遠野と花巻農が敗者復活1回戦を勝ち上がり、代表決定戦に進んだ。

 沿岸南地区は住田、高田、釜石商工が初戦を突破し、代表決定戦に進んだ。住田は3日、大船渡と対戦する。

...    
<記事全文を読む>