令和初の王者へ、あと2勝―。春季高校野球県大会第7日は3日、県営大宮で準決勝が行われる。対戦カードは春日部共栄―山村学園(10時)、浦和実―東農大三(12時30分)。

 15年ぶりの優勝を狙う春日部共栄と初優勝を目指す東農大三の両Aシードに、Cシード山村学園とBシード浦和実が、初の決勝進出を懸けて挑む。熱戦の見どころを探った。

■春日部共栄―山村学園(10時)

 秋の王者で今春の選抜大会に出場した春日部共栄と、春夏秋通じて初の4強超えに挑戦する山村学園が激突。打線の援護が勝敗を分けそうだ。

 山村学園は準々決勝で本塁打を放った1番小林や3...    
<記事全文を読む>