第140回北信越高校野球県大会第6日(30日・県立野球場、金沢市民野球場=北國新聞社など後援)3回戦の残り4試合が行われ、北陸学院がシード校の金沢商に延長十三回タイブレークの末、4―3でサヨナラ勝ちした。野々市明倫は秋の県大会ベスト4の小松商に完封勝ち、鵬学園は津幡との打撃戦を制し、輪島は金市工との接戦を制した。
 2日は県立で午前9時半から星稜―小松大谷、正午から航空石川―遊学館、市民で午前9時半から鵬学園―北陸学院、正午から輪島―野々市明倫の準々決勝が行われる。

 

...    
<記事全文を読む>