春の岡山県高校野球大会(山陽新聞社後援)は27日、倉敷市のマスカットスタジアムなど県内3球場で開幕。1回戦が行われ、山陽、笠岡商、倉敷工などが初戦を突破した。

 マスカットは山陽が商大付を7―3で下し、エイコンスタジアムでは笠岡商が岡山工に9―0で七回コールド勝ち。倉敷市営は倉敷工が東岡山工に8―2で快勝した。

 試合に先立ち、マスカットで開会式があり、昨秋優勝の倉敷商が優勝旗を返還。商大付の片山颯真主将(3年)が「はつらつとしたプレーで大会を盛り上げる」と選手宣誓した。

 大会は27、28、30日と5月3、4日。8強進出校は夏の岡山大会のシード権を...    
<記事全文を読む>