第58回春季全道高校野球大会(道高野連、北海道新聞社主催)の北見支部予選の組み合わせ抽選会が26日、北見北斗高で行われた。昨春より2校増の16校12チームが出場し、5月11~19日に北見市営球場で熱戦を繰り広げる。

 昨秋の支部予選で優勝し、全道大会に出場した北見工が第1シード、準優勝の北見北斗が第2シードとなった。3年ぶり出場の訓子府は美幌、留辺蘂と、2年ぶりに出場する清里は津別、斜里と、それぞれ連合チームを組んで出場する。

 全道大会は5月27日、札幌円山球場で開幕する。(宇井志津佳)

...    
<記事全文を読む>