春季高校野球県大会は27日、県営大宮など3球場で3回戦8試合を行い、ベスト8が決まる。

 秋春連覇を狙う春日部共栄は、17年ぶりの8強を狙う松山の挑戦を受ける。投打に充実の昌平は、昨夏の全国高校選手権北埼玉大会準決勝で敗れた上尾との雪辱戦に挑む。市川越―東農大三と山村学園―川口市立は、ともに好投手の投げ合いとなれば面白い。そのほかにも楽しみなカードが控えており、熱戦が期待できそうだ。

■27日の試合

【県営大宮】
▽3回戦
春日部共栄―松山(9時)
浦和実―所沢商(11時30分)
市川越―東農大三(14時) <記事全文を読む>