第58回春季北海道高校野球大会小樽支部予選(道高野連、北海道新聞社主催)の組み合わせ抽選会が25日、小樽未来創造高校で開かれた。昨年より2校多い12校10チームが全道大会への切符をかけ、5月11日から5日間、市営桜ケ丘球場(花園5)で熱戦を繰り広げる。

 部員数が足りない倶知安農、蘭越、樽明峰の3校は連合チームを組んで出場する。樽明峰は2014年の夏季大会以来5年ぶりの出場となる。

...    
<記事全文を読む>