2001年夏の高校野球甲子園大会優勝校、日大三高(東京都)の4番打者を務めた原島正光さん(35)が4月、東海村の少年野球チームのコーチに就任した。現在でも大会記録となる3試合連続本塁打を放つなど、ファンの記憶に残るスラッガーとして知られる。初めての指導に回り、「野球の楽しさを伝え、その子の長所を伸ばしたい」と話す。

週末の土曜日、村内の小学校グラウンドで「オール東海ジュニア」3年生チームの9人が練習していた。

「ボール回し行くぞー」本塁に立つ、ひときわ体格の良い男性の号令で、塁間の送球練習が始まった。

3年生チームのコーチに就いた原島さんだ。活動日のあ...    
<記事全文を読む>