第66回春季東海地区高校野球県大会(県高野連主催、伊勢新聞社後援)は20日、県営松阪、ダイムスタジアム伊勢の2球場で準々決勝計4試合があり、ベスト4進出を懸けた熱戦が展開される。

 県内7つの地区予選を勝ち抜くなどした25チームが参加して13日に開幕した。桑員地区1位校で、今春の選抜高校野球大会に出場した津田学園は、伊賀地区1位校で、2回戦で昨年夏の全国高校選手権出場の白山を破った近大高専と準々決勝で対戦する。

 両球場とも第1試合の開始予定時刻は午前10時。

...    
<記事全文を読む>