第71回春季関東高校野球県大会地区予選は16日、水戸、県南地区で代表決定戦7試合が行われ、県大会出場校が出そろった。水戸桜ノ牧は水戸一との延長十回に及ぶ激戦の末、1-0でサヨナラ勝ち。土浦三は8-1で土浦二を退け、10年ぶりの県大会出場を決めた。

そのほか水戸工、水戸葵陵、鹿島学園、水戸啓明、東洋大牛久が県大会に駒を進めた。

各地区の代表校に予選免除の常総学院、藤代、水城、石岡一の4校を加えた36校で争われる県大会は、19日に組み合わせが決まり、27日からジェイコム土浦などで開幕する。上位2校は関東大会(5月18〜22日・埼玉)に出場する。<...    
<記事全文を読む>