静岡県高校野球連盟(会長・中沢秀紀静岡商校長)は15日、静岡市内で総会を開き、2019年度の事業計画や役員人事などを決めた。副会長に新たに高橋和秀沼津城北校長が就任した。夏の静岡大会の日程や投球数制限など運営体制の見直し、部活動ガイドラインなど働き方改革への対応、競技人口減少への対策などについて継続的に議論する課題検討委員会(仮称)を設置したことが報告された。
 このほか夏の静岡大会について、決勝を午前10時開始に変更する案や、点差によるコールドゲームを準決勝まで適用する案、開会式入場行進後に給水時間を設ける案を、5月13日開催の運営委員会に諮るとした。
 主な役員...    
<記事全文を読む>