春季関東地区高校野球大会群馬県予選は13日開幕、67校61チームが出場する。決勝は5月4日。上位2チームは関東大会(5月18~22日、埼玉)出場権を獲得し、ベスト8に夏の全国選手権群馬大会のシード権が与えられる。

 初日は県内4球場で1回戦8試合を行う。シード勢は昨秋4強の渋川青翠が高経附と対戦。8強の伊勢崎清明は高崎と、高崎商は前橋と対戦する。

 昨秋優勝の前橋育英は20日の2回戦から登場し、高崎城南球場で農大二―高崎北の勝者と対戦。第2シードの桐生第一は同日、桐生球場で桐生―桐生西の勝者と戦う。

...    
<記事全文を読む>