青森県高野連は10日、青森市で定例理事会を開き、2019年度の日程などを決定した。硬式は、夏の甲子園出場を懸けた第101回全国高校選手権青森大会を7月9日から15日間、八戸市長根、六戸町メイプル、青森市営、弘前市はるか夢の4球場で実施。準々決勝以降ははるか夢球場で熱戦を繰り広げる。組み合わせ抽選会は、青森市で6月26日に行われる。

 春季県大会は5月17~19日、同25、26日に長根、八戸市東、メイプルで実施。上位3校が、6月6日から5日間、山形県で行われる春季東北大会に出場する。
 秋季県大会は9月14~16日、同21、22日にはるか夢、青森県営、黒石で実施。春のセンバ...    
<記事全文を読む>