今夏に韓国で開催される野球の18歳以下によるU18ワールドカップ(W杯)の高校日本代表1次候補による研修合宿の第2日は6日、奈良県内で紅白戦などが行われ、実戦形式で木製バットへの適応などに励んだ。

 フリー打撃ではバットを折る選手などもいたが、実戦形式では鋭く捉えた当たりもあった。甲子園大会の出場経験がなく、150キロを超える直球で注目が集まっていた大船渡の佐々木朗希投手は、紅白戦で6打者連続三振を奪い、バックネット裏に構えたプロ野球中日のスピードガンでは最速163キロをマークした。

 合宿は7日まで行われる予定。

...    
<記事全文を読む>