◇東邦6-0習志野

 第91回選抜高校野球大会は3日、甲子園球場で決勝が行われ、東邦(愛知)が習志野(千葉)を6-0で下して、1989年以来30年ぶり、単独最多の5度目の優勝を果たした。平成元年の最初の大会で優勝した東邦は、平成最後の大会でも王者になった。愛知県勢の優勝は、2005年の愛工大名電以来、11度目。初めて決勝に進出した習志野は、千葉県勢として初の春制覇を逃した。

     ◇

 平成の初代王者が、平成最後を優勝で締めくくる。出来過ぎた筋書きのドラマを東邦の石川が完結させた。主砲として2本塁打、エースとして完封劇。偉業達成に「正直できると思...    
<記事全文を読む>