春の選抜高校野球大会で優勝した東邦(愛知)には県内中学校出身の三人が、メンバー入りしていた。

 岐阜市長森中出身の熊田任洋遊撃手(三年)は、全試合で四番に座り、打率4割2分1厘の活躍だった。「勝つごとに自信がつき、思い切りプレーできた。平成最後の大会で、多くの人の期待に応えられてうれしい」と喜びをかみしめた。

 中学時代は、硬式の「岐阜青山ボーイズ」(各務原市)で主将。クラブの足立修身(おさみ)代表(51)は「非常に真面目で向上心が強い。家に帰ってからも自主練習に励んでいた」と振り返り「根尾昂選手に続き、岐阜出身のスターになってほしい。夏も全国制覇を」とエールを...    
<記事全文を読む>