序盤戦は大味な試合も目立ったが、勝ち上がるにつれて競り合いの展開が増えた。優勝した東邦(愛知)はエースで3番に座る石川主将の存在感が際立った。全5試合に先発して防御率0点台の安定感に加え、打っても3本塁打と投打でチームをけん引。決勝の完封と2本塁打は圧巻だった。

 準優勝した習志野(千葉)はエース飯塚を救援登板させる確固たる継投の形を確立。打線は4勝のうち三つを逆転でものにした。

 春夏通じて初の4強入りを果たした明石商(兵庫)は、全4試合に登板し、3完投の2年生エース中森の力投が光った。準々決勝で史上初めてチームの先頭打者本塁打とサヨナラ本塁打を同時に放った1...    
<記事全文を読む>