第91回選抜高校野球大会は3日、甲子園球場で千葉県の習志野が東邦(愛知)と決勝を行い、県勢初の選抜優勝を狙う。

習志野は星稜(石川)、明豊(大分)などの強豪に対して粘りの野球で逆転勝ちを重ねてきた。

 小林徹監督は試合前の取材で「いつも通り粘って粘ってという戦い方になる。最後まで思う存分力を出してくれれば」と話した。

 エースの飯塚脩人は「相手の方が断然上。食らいついて最後は1点でも多く点を取って勝つような試合にしたい」と意気込み。

 2年生の遊撃手、角田勇斗は「先輩たちと一緒に優勝したい」と力強く話した。

 決勝戦は午後0時...    
<記事全文を読む>