第91回選抜高校野球大会は休養日の1日、前日の準々決勝を勝ち上がった4校が西宮市などで調整した。2日は甲子園球場で、習志野(千葉)-明豊(大分)、東邦(愛知)-明石商(兵庫)の準決勝が行われる。

 明石商は春夏通じて初の4強入り。決勝に進めば、2002年の報徳以来、兵庫勢として17年ぶりで、県内公立校では1953年の洲本以来、66年ぶりとなる。選抜大会で最多タイの優勝4回を誇る東邦は、平成最初の甲子園大会で頂点に立った89年以来7度目の決勝進出を狙う。明豊、習志野は初の準決勝に臨む。

...    
<記事全文を読む>