第91回選抜高校野球大会は31日、甲子園球場で準々決勝が行われた。第3試合で東邦(愛知)は筑陽学園(福岡)に7-2で勝ち、30年ぶりの4強入りを決めた。

 第1試合は、習志野(千葉)が市和歌山(和歌山)に4―3で逆転勝ち。

 第2試合は、明豊(大分)が龍谷大平安(京都)に延長十一回、1-0でサヨナラ勝ちした。

 第4試合は、智弁和歌山(和歌山)と明石商(兵庫)が対戦する。

...    
<記事全文を読む>