選抜高校野球大会第9日は31日、甲子園球場で準々決勝が行われ、本県の習志野は市和歌山に4-3で逆転勝ちし、センバツでは初の4強へ進出した。

 習志野は一回に角田勇斗の適時打で先制。その裏に3点を失うが飯塚脩人の適時打で同点に追い付くと、七回、高橋雅の遊ゴロの間に逆転した。二回途中から登板の飯塚は8回無失点の力投だった。

 習志野は2日の準決勝で、きょうの第二試合、龍谷大平安(奈良)-明豊(大分)の勝者と対戦する。

 

...    
<記事全文を読む>