◆第91回選抜高校野球:2回戦 筑陽学園3-2山梨学院(29日・甲子園)

 選抜大会初出場の筑陽学園(福岡)が、初戦で24得点を挙げた山梨学院に競り勝って、春夏通じて甲子園で初めて8強入りした。

 筑陽学園は1-1で迎えた7回、先頭の福岡大真(3年)が二塁打で出塁し、2死二、三塁、中村敢晴(2年)の安打で勝ち越し。8回1死一、三塁では福岡の安打で、もう1点を加えた。守っては3投手のリレーで強力打線を2点にとどめ、1点リードの9回2死満塁のピンチでは、3番手の西舘昂汰(3年)が相手打者を内野ゴロに仕留めた。

 打線で活躍した福岡は1994年夏に準優勝し...    
<記事全文を読む>