第91回選抜高校野球大会は第7日の29日、兵庫県西宮市の甲子園球場で2回戦が行われ、初出場で昨秋の明治神宮大会王者の札大谷は、10年ぶり3度目出場の明豊(大分)に1―2で競り負け、準々決勝進出はならなかった。

 札大谷は、明豊の投手陣を打ちあぐね、7安打1得点に抑えられた。

 札大谷は四、五回にそれぞれ1失点。打線は2点を追う六回無死一、三塁、石鳥の内野ゴロの間に釜萢(かまやち)が生還し1点を返したが、七回以降は2安打にとどまった。

...    
<記事全文を読む>