【大阪支社】第91回選抜高校野球大会の1回戦で石岡一(茨城)を延長戦の末に下した盛岡大付は27日、兵庫県内で練習を再開し、29日の2回戦、龍谷大平安(京都)戦に向け始動した。

 初戦は相手投手の緩急を使った投球に苦しみ、わずか5安打と「打ち勝つ野球」ができなかった盛岡大付。3月に入り、練習試合に公式戦と試合が続き、冬に比べ打撃練習に費やす時間が少なかったため、午前中は兵庫県西宮市内のバッティングセンターでマシン相手にバットを振り込んだ。

 龍谷大平安は左投手の先発が予想され、関口清治監督は初戦で同点の殊勲打を放った小川健成、無安打だった岡田光輝と島上...    
<記事全文を読む>