2011年までプロ野球東北楽天に在籍した智弁和歌山の中谷仁監督(39)が第6日の28日、1回戦(対熊本西)で甲子園初陣を迎える。「全員でつないで、まずは初戦突破したい」と意気込む。
 開会式前日(22日)の練習では打撃投手を務めた。「三振したら走って帰れよ」「それヒットなのか」。ボールと共に、選手の緊張をほぐす言葉を投げ掛けていた。
 昨年夏、歴代最多の甲子園68勝を挙げた高嶋仁前監督からバトンを受け継いだ。秋の近畿大会は春夏の甲子園を連覇した大阪桐蔭を破るなどして準決勝まで進み、就任1年目で母校を甲子園出場に導いた。
 春夏3度制覇の伝統の強打線は健在だ...    
<記事全文を読む>