第91回選抜高校野球大会第5日は27日午前、兵庫県西宮市の甲子園球場で1回戦があり、3年ぶり2度目出場の明石商(兵庫)は7-1で国士舘(東京)に快勝し、初戦を突破した。初出場でベスト8に進出した2016年に続いて好発進した。

 昨夏に続く甲子園出場の明石商は、先発の2年生エース中森俊介投手が2桁の10奪三振で1失点完投。打線は二回に来田涼斗中堅手が2点適時打を放つなど、3安打を集めて3点を先行し、主導権を握った。八回にも来田中堅手の犠飛などで3点を加え、突き放した。

 2回戦は大会第8日の第2試合(30日午前11時半開始予定)で、松山聖陵(愛媛)と大分の勝者と対...    
<記事全文を読む>