第91回選抜高校野球大会第4日は26日、兵庫県西宮市の甲子園球場で1回戦3試合が行われた。21世紀枠で初出場を果たした徳島県の富岡西は1-3で東邦(愛知)に競り負け、創部120年目での甲子園初勝利はならなかった。

 富岡西は第3試合(観衆2万6000人)に登場。先発の右腕エース浮橋は変化球を主体に低めにボールを集め、東海大会優勝の東邦打線を六回まで1失点に抑えた。しかし、暴投などでピンチを招いた七回に2本の適時打で勝ち越しを許した。

 攻撃陣は1点を追う六回、1死から吉田の死球と安藤の右前打などで2死一、三塁の反撃機を築き、木村が右翼線を破って追い付いた。さらに...    
<記事全文を読む>