◇習志野8-2日章学園

 習志野が快勝した。一回に相手の失策に乗じて根本の先制打、角田の3点三塁打など打者一巡の猛攻で一挙7点を奪った。先発の山内は切れのある直球を低めに集め、緩い変化球で緩急をつけ、八回途中まで5安打2失点で乗り切った。

 日章学園は6失策と守備の乱れが最後まで響いた。先発の石嶋は二回以降は立ち直り、粘りの投球を見せた。

     ◇

 高校吹奏楽の世界で「東の横綱」と形容される名門、習志野。プレーボール直後、現役と卒業生、約200人の大迫力の演奏が球場を包んだ。「大きな力になった」...    
<記事全文を読む>