第91回選抜高校野球大会は23日、甲子園球場で開幕した。平成最後の甲子園大会には32校が出場。開会式に続いて、1回戦3試合が行われ、星稜(石川)高松商(香川)市和歌山が勝って、2回戦に進んだ。市和歌山は呉(広島)に延長十一回、3―2でサヨナラ勝ち。和歌山県勢は選抜大会通算100勝目。

 春日部共栄はエース右腕村田が8回15安打8失点と高松商打線に攻略された。

 制球がいまひとつだった村田は、高めに浮いた球やストライクを取りにいった変化球を狙い打ちされた。0―1の五回に3連打で2点を失うと、六回は暴投、野選、適時打に失策が絡むなどして4失点。不調のエースを守備陣が...    
<記事全文を読む>