第91回選抜高校野球大会は23日、兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕し、出場32校による12日間(準々決勝翌日の休養日を含む)の熱戦がスタートする。22年ぶり3度目の出場を果たした春日部共栄は、開会式後の第2試合で高松商(香川)と初戦を争う(13時)。

 開幕を前日に控えたチームは22日、開会式のリハーサルを終えた後、午後1時から兵庫県伊丹市の住友総合グラウンドで守備練習を行い、連係を確認した。その後、滋賀県内のグラウンドへ移動し、約1時間のフリー打撃を実施。念入りに最終調整した。

...    
<記事全文を読む>