第91回選抜高校野球大会は二十三日、甲子園球場で開幕する。10年ぶり4回目の出場となる習志野は二十四日の第1試合で日章学園(宮崎)と対戦する。初戦を前に、習志野の小林徹監督(56)と日章学園の畑尾大輔監督(48)に理想の試合展開などを聞いた。

 (山口登史)

 -相手の印象は。

 小林監督 先発と継投の投手がいて、打撃の役割を果たせる野手陣もいて、攻撃、守備ともに非常に力のあるチームと感じる。

 畑尾監督 粘り強くしつこい印象がある。投手が二人いて、全体的にうちより力が高く、簡単にはいかない相手だと思う。

 -鍵を握る自チームの選手は。 <記事全文を読む>