第91回選抜高校野球大会が23日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕する。三重県内からは東海地区第2代表として、津田学園(桑名市)が2002年以来17年ぶり3回目のセンバツ出場。2017年夏の甲子園で初の1勝を挙げ、2連覇が懸かる昨年夏の全国高校選手権三重大会は初戦で敗れた。〝天国と地獄〟を見た2年生を中心に、春夏通じて3季ぶり4回目の甲子園で躍進を誓う。

昨年秋から打力重視のチームを目指して来た。県3位で出場した昨年秋の東海大会は打撃が振るい1回戦から決勝まで4試合で32得点。チーム安打は1回戦から3試合連続2桁安打を記録した。

PL学園(大阪)3年時の夏の甲...    
<記事全文を読む>