23日開幕の選抜高校野球大会に出場する石岡一は21日、大阪府高槻市の関大野球場で関大第一(大阪)、近江(滋賀)と開幕前最後となる練習試合を行い、関大第一を5-0で完封、近江を10-1で退けて2連勝し、25日に迫る初戦に向けて弾みをつけた。

この日は2試合とも投手陣が絶好調。第1試合では先発登板のエース岩本大地(3年)が5回無失点で試合をつくった。六回からは岡崎黎人(2年)が流れを引き継ぎ完封リレー。岩本は「スライダーの感覚が良く、直球も低めに投げられた」と手応え十分。野手陣も2併殺で援護した。

第2試合は近江のBチームと対戦。矢口剛盛(3年)...    
<記事全文を読む>