高校野球の九州大会(4月、鹿児島)への派遣を懸けた第66回沖縄県春季大会(県高野連主催、琉球新報社共催)は21日、北谷公園野球場、沖縄セルラースタジアム那覇、アトムホームスタジアム宜野湾の3球場で開幕した。

 今年は辺土名、開邦、南部農林、真和志の連合チームを含む65校、62チームが出場している。

 決勝戦は4月4日午後1時から、北谷公園野球場で行う。

 今大会は開会式は行わず、各球場で県内学童野球の選手による始球式を行い、1回戦第1試合が始まった。

...    
<記事全文を読む>