第91回選抜高校野球大会(23日から12日間・甲子園)の出場校による甲子園練習第2日は19日、グラウンドコンディション不良のため甲子園球場の室内練習場を利用して行われ、桐蔭学園など15校が調整した。

 桐蔭は簡単なノックやフリー打撃などで汗を流した。主将の森を中心に大きな声を出して互いにチームを鼓舞し合い、1時間にわたって活気ある練習を繰り広げた。その後、京都市の立命大柊野総合グラウンドで約2時間半、打撃メニューを中心に練習を行った。

 横浜ナインも同日、大阪入りした。新横浜駅で保護者や学校関係者らの激励を受けて新幹線に乗り込み、午後6時ごろ新大阪駅に到着。同駅...    
<記事全文を読む>