2015年夏に、東海大相模に敗れた経験を糧に、走り続ける球児たち。彼らのまなざしの先にいる2人の甲子園優勝投手もまた、大きな夢を追っていた。

 左腕エースだった小笠原慎之介はドラフト1位で中日に入団した。昨季は2リーグ制後の球団最年少で開幕投手を担い、プロ初完封もマーク。球界を代表する左腕への階段を上っている。

 「自分の世代のみんなが野球をやっていてほしい。続けているだけですごくうれしい」。そんな思いが色濃くなったきっかけは「平成の怪物」の移籍だった。

 宿敵・横浜で甲子園春夏連覇を成した松坂大輔がソフトバンクから中日...    
<記事全文を読む>