23日に開幕する第91回選抜高校野球大会に出場する石岡一高ナインが18日、茨城県石岡市のJR石岡駅から列車に乗り込み、甲子園へ出発した。同駅ステーションパークで出発式が開かれ、ナインは大勢の市民から「力を出し切って」「頑張れ」などと激励と声援を受け、夢の大舞台での活躍を誓った。

出発式では、市民らから選手たちに約30束の千羽鶴や激励メッセージが手渡された。今泉文彦市長が「アルプススタンドがいつも見ている筑波山に見えるよう、普段通り伸び伸びプレーしてほしい」と激励すると、川井政平監督(44)は「多くの方々に支えられて果たせた甲子園出場。元気と感動を与えるプレーをして...    
<記事全文を読む>