第91回選抜高校野球大会(23日開幕・甲子園)に出場する札大谷は16日、和歌山県有田川町のなぎの里球場で練習試合を2試合行い、南部(和歌山)に8―5、上野(三重)に13―6で勝った。

 1試合目の南部戦でエース西原が対外試合で今季初登板。1回を1安打2四死球でピンチを招いたが、無失点で切り抜けた。2試合目の上野戦には太田が先発。6回1失点だった。

 同じく選抜大会に出場する札第一は、同校の室内練習場でキャッチボールやマシン打撃などの練習を行った。

...    
<記事全文を読む>