阪神甲子園球場で23日に開幕する第91回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会が15日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールであり、出場32校の対戦相手が決まった。17年ぶり3回目の津田学園(三重県桑名市)の初戦は大会第3日(25日)第1試合で、昨年秋の近畿大会覇者で、歴代最多41度目の龍谷大平安(京都)と対戦することが決まった。

津田学園は昨秋、県大会3位で出場した東海大会で準優勝。東海大会で3試合連続本塁打の前川夏輝ら好打者を擁する打線と、最速148キロ右腕、前佑囲斗を軸とした投手力で、東海地区代表として平成14年以来の選抜出場を決めた。

龍谷大平安とは毎...    
<記事全文を読む>