甲子園で戦おう―。その言葉が現実に近づいた。センバツ出場を決めた啓新の穴水芳喜主将と山梨学院の相沢利俊主将は中学硬式野球チーム甲府南シニアでともに副キャプテンを務め、バッテリーを組んでいた。「卒団式で言ったことを思い出す。対戦が楽しみ」と口をそろえた。

 2人が出会ったのは中学1年の時。別々の中学だったが、バッテリーを組んでから仲良くなった。投手の相沢主将は「コントロールが悪く迷惑をかけたが、(穴水)芳喜はいつも体で取ってくれた。投げやすかった」。穴水主将は「頼れる存在だった。投手としてだけでなく、打撃でも活躍していた」と当時を思い返す。

 お互いに「あの頃の自...    
<記事全文を読む>