第91回選抜高校野球大会(23日開幕・甲子園球場)の組み合わせ抽選会が15日、大阪市内であった。2校出場の県勢は明豊(10年ぶり3回目)が大会第2日の24日に横浜(神奈川)と、大分(初)が第5日の27日に松山聖陵(愛媛)と、それぞれ1回戦の第2試合(午前11時半開始予定)で対戦することになった。
 代表32校の部長、監督、主将が出席。抽選終了後、対戦カードごとに監督と主将が席を並べ、初戦に向け抱負などを語った。
 明豊は強豪の横浜との初戦が決まった。川崎絢平監督は「決まった瞬間は『うわっ』と思った。でもこれほどのチームと初戦からやれるのはありがたく、しっかりと準備し...    
<記事全文を読む>