十五日に大阪市内であった第91回選抜高校野球大会(二十三日開幕・甲子園球場)の組み合わせ抽選会で、22年ぶり3回目出場の春日部共栄(春日部市)は、二十三日(大会初日)の第2試合(午後一時開始予定)で、昨秋の四国大会を制した高松商(香川県)と対戦することが決まった。

 春日部共栄の石崎聖太郎(しょうたろう)主将(三年)は「初日の試合なので、少し緊張すると思う。昨秋の県大会や関東大会で、何度も逆転勝ちした粘り強さを甲子園でも見せたい」と意気込んだ。

 植竹幸一監督は、高松商について「手ごわい相手」と警戒。昨夏の県大会で初戦敗退してからは「一人でミスを抱え込まないよう...    
<記事全文を読む>