第91回選抜高校野球大会(23日開幕・甲子園球場)の組み合わせ抽選会が15日、大阪市内であった。2校出場の県勢は、明豊(10年ぶり3回目)が大会第2日の24日、1回戦第2試合で横浜(神奈川)と、大分(初)が第5日の27日、同第2試合で松山聖陵(愛媛)との対戦が決まった。
 抽選会には代表32校の部長、監督、主将が出席。各主将が抽選に臨み、組み合わせが決まった。また開会式の選手宣誓は広陵(広島)の秋山功太郎主将(2年)が務めることになった。大会は呉(同)と市和歌山の開幕カードで熱戦の火ぶたを切る。2回戦まで同一地区同士の対戦は無い。
 明豊の対戦相手となった横浜は春に...    
<記事全文を読む>