第91回選抜高校野球大会(3月23日開幕・甲子園)の組み合わせ抽選会が15日、大阪市内で行われ、初出場の福井県の啓新高校は第5日の27日第3試合で、桐蔭学園(神奈川)と対戦することが決まった。

 桐蔭学園は16年ぶり6回目の出場。

 秋季北信越大会優勝の星稜(石川)は、第1日の第3試合で履正社(大阪)と激突。開幕試合は呉(広島)と市和歌山(和歌山)が対戦する。

 21世紀枠の石岡一(茨城)は盛岡大付(岩手)と、富岡西(徳島)は東邦(愛知)、熊本西(熊本)は智弁和歌山(和歌山)と対戦する。

 選手宣誓は広稜(広島)の秋山功太郎主将が務める。...    
<記事全文を読む>