2015年夏の甲子園で全国制覇を成し遂げた東海大相模ナイン。神奈川勢にとっては、17年ぶり7チーム目の快挙だった。

 あれから4年。その秋にプロ入りした小笠原慎之介(中日)、吉田凌(オリックス)の背中を追うようにチームメートたちは大学で野球を続け、サガミに挑んだ選手たちも新たなステージで戦っている。

 再びの日本一や届かなかった頂を目指す者、第一線を離れても野球を続ける者。タテジマが彼らにもたらしもの、そして世代をけん引するエース小笠原の存在とは-。本連載では、夏の頂点を懸けて戦った男たちの、それぞれの現在地に迫る。

<記事全文を読む>