甲子園で勝つために攻撃力の強化を図り続ける明豊。センバツでも破壊力のある打線で勝ち上がりを狙っている。
 強力打線の中心として期待されているのが左の大砲の野辺優汰(2年)だ。昨秋は主砲として目指すチーム打撃を体現。3割8分7厘の打率を残し、15打点はチーム最多を誇る。
 昨秋の九州地区大会後はボールに対して体が突っ込み気味だった癖を直し、より引きつける感覚を磨いた。特に変化球への対応力が向上。手応えも十分な様子で「どんな状況でも、どうやったら点が入るのかという最善の判断を一番に考えたい」と野辺。
 昨秋、チーム最多となる3本塁打を放った右の長距離砲、藪田源...    
<記事全文を読む>