第91回選抜高校野球大会(23日から12日間・甲子園)に出場する桐蔭学園、横浜の両校ナインが13日、横浜市中区の神奈川新聞社本社や県庁などを訪問し、聖地での活躍を誓った。

 桐蔭は昨秋の県大会で準優勝すると、続く関東大会で24年ぶりの頂点に輝いた。センバツ出場は16年ぶり6度目となる。森敬斗主将(3年)は「甲子園の舞台は自分たちだけの力でつかみ取ったものではない。感謝の気持ちを全力プレーで示したい」と意気込み、就任2年目の片桐健一監督(45)は「神宮大会で負けてから原点に戻って練習してきた。来たるべき日に備えてやっていく」と闘志を燃やした。

...    
<記事全文を読む>