第91回選抜高校野球大会(23日から12日間、甲子園)に出場する八学光星ナインの壮行式が8日、八戸市の同校体育館で行われた。昨秋の東北地区大会でベンチ入りした選手20人や仲井宗基監督らがステージに登壇し、「東北勢初の全国制覇を成し遂げる」と決意を示した。
 光星にとっては、センバツ出場10度目の節目となる今大会。壮行式には1、2年の生徒と教職員約600人が出席した。
 冒頭、小野崎龍一校長が「出場おめでとう。最高のパフォーマンスを期待している」とあいさつ。生徒会長の2年堀合遥希さんが「毎日夜遅くまで練習してきたことと思う。東北初の...    
<記事全文を読む>