23日に開幕する第91回選抜高校野球大会に出場する石岡一高を応援しようと、石岡市内で千羽鶴を折る動きが広がっている。市内全スポーツ少年団や、エースの岩本大地投手(2年)の地元八郷地区の公民館、市立図書館などで、市民や子どもたちが折り鶴に「1勝」への願いを込める。千羽鶴は集まり次第、各団体代表からチームに届けられる。

同市若宮1丁目の市立図書館-。敷地内にある子ども向けの図書館「こども図書館本の森」に、千羽鶴を作るコーナーが設けられた。連日、来館者の親子連れらが熱心に鶴を折っている。

カラフルな折り紙を選んだ市立府中小4年、三輪千陽(ちひろ)さん(10)は「甲子園...    
<記事全文を読む>