投手の球数制限導入の是非について、県高野連の藤田光明(ふじたみつあき)理事長は「野球のルール変更に関わる難しい問題」と慎重に検討する考えを示した。

 同連盟は数年前から県内の医療関係者と協力し、野球に取り組む小中学、高校生のけが防止を目的とした大規模な野球肘検診を実施。

...    
<記事全文を読む>